Thanks and Gifts

喜ばれる新築内祝いギフトを選ぶポイントを徹底リサーチ!

新築祝いのお返しは

知りたいマナーと返礼品

家

家を新しく建てた時に、お祝いの品が親戚や友人、知人から贈られることはよくあることです。このような新築祝いを受け取ったら、そのお返しに新築内祝いを贈ります。お祝いごとには様々なマナーがあるように、新築内祝いにも知っておきたいマナーが存在します。まず、新築内祝いはいつお返しするのかという時期の問題です。一般に、新築内祝いは新築の住居に移ってから1、2ヶ月後に贈るのが良いとされています。ただしその前に、新築祝いを受け取ったら当日か翌日までにお礼状を送るか、もしくはお礼の電話を入れましょう。次に、金額の相場についてです。新築内祝いに限らず誕生や進学等の内祝いは、受け取ったお祝い品の3分の1から半額が相場とされています。ただ、中にはかなり高額なお祝い品だったり、金額がどれくらいかわからないといったケースもあり得ます。このような時には相場にこだわらず、新築内祝いとともに感謝の気持ちをあらわしたお礼状を添えると良いでしょう。新築内祝いで最も関心が高いのは、どのような品物を贈ればよいのかという問題です。実は、古くは新築内祝いにはルールがあり、建物すなわち入れものが完成したことを由来に、グラスやカップといった入れものの器を贈ることが多かったのです。また、家を焼かないという意味からヤカンや火に強い鍋も人気でした。今でもこれを忠実に守る人が少なくないと言われますが、最近では日常で使用しやすいタオルや保存のききやすいコーヒーや紅茶等の食品がよく選ばれています。ただし、受け取ったお祝い品の金額の幅が広かったりどのくらいかわかりにくく新築内祝いを選びにくい場合は、予算によって選べるカタログギフトを利用するのも良いでしょう。

時期・水引・金額に注意

のし

新居に引っ越した際にお祝いをもらったら、お返しとして新築内祝いを贈りましょう。新築内祝いを贈る時期は、いつが良いのでしょうか。一般的には、転居してから一〜二か月くらいの、引っ越しの荷物が片付いて落ち着いた頃が望ましいとされています。ただし、いつお祝いをもらったとしても、お礼状やお礼の電話は、お祝いを受け取った当日か翌日までに行わなければなりません。新築内祝いの水引には、紅白もしくは金銀の蝶結びを選んで下さい。水引には、蝶結びと結び切りの二種類がありますが、それぞれ意味が異なります。蝶結びは、ほどいても結び直せることから、入学祝い・出産祝いなど、何度あってもうれしいことに使われます。結び切りは、一度結ぶとほどけないことから、結婚祝い・快気祝いなど、二度と繰り返してほしくないことに使われます。のしの表書きは、水引の上の部分に「新築内祝」「内祝」、水引の下に贈り主の氏名を書きます。贈る品物の金額は、受け取ったお祝いの品の半額〜三分の一が相場といわれます。では、新築内祝いで贈る品物は何が良いのでしょうか。一生懸命選んでも相手の好みに合うとは限りません。おすすめは食料品や洗剤など、いわゆる消え物です。消え物は使えばなくなってしまうので、後々処理に困ることもなく、誰に贈っても喜んでもらえます。また、カタログギフトも、新築内祝いの贈り物として人気があります。カタログギフトならば、相手が好きな品物を選べるので、贈り物選びに悩む必要がありません。

おすすめの品

ファミリー

新しい家を建てたら、知人や親戚から新築の御祝い金をもらう場面が多々あります。そのようなお祝いをもらったら、必ず新築内祝いを贈りましょう。新築内祝いの準備は、御祝い金をもらった時にすみやかに行いましょう。時期がずれると、失礼にあたってしまいますので、出来るだけ間をあけない様にしましょう。さて、新築内祝いの内容についてですが、よく言われているのは、もらったお祝い金の3分の1程度の金額のものです。1万円もらったら、3000円程度のもの、ということになります。しかしこれはあくまで目安ですので、あまり金額にこだわりすぎない、というのも大切です。よく選ばれているのが、お菓子類です。お菓子の詰め合わせなどは、家族がいる人にとってはとてもうれしいものですし、食べたらなくなるので取っておくという行為もなくおすすめです。他にも、食器類などもおすすめです。グラスやお皿は何枚あっても必ず使用するものですので、センスの良いものを選んで新築内祝いにしてみましょう。しかし、中でも特におすすめなのはカタログギフトです。カタログギフトは、一定の料金の様々な品物が掲載されている冊子で、もらった人が自分で好きなものを選ぶことが出来ます。気に入らないものをあげてしまう、というリスクもなくなりますので、最近活用する人が増えてきている新築内祝の一つです。マナーを守ってしっかり新築内祝いを準備し、人付き合いを円滑にしましょう。