Thanks and Gifts

喜ばれる新築内祝いギフトを選ぶポイントを徹底リサーチ!

お返しのマナー

贈る理由

プレゼント

新築内祝いは、引っ越しのお祝いを受け取った後にお返しとして贈るものです。新築内祝いのマナーですが、引っ越し後1〜2ヶ月以内に贈るのが一般的です。金額の相場は、引っ越しのお祝いの3分の1〜半額ぐらいと言われています。新築内祝いを品物で贈る場合は、いくつあってもかまわないタオルや洗剤のような生活雑貨が贈られているようです。新築内祝い用のカタログギフトも販売されていますが、カタログギフトであれば、自由に品物を選ぶことができるでしょう。新築内祝いを贈る際には、メールや電話を入れてから贈った方がよいでしょう。感謝の気持ちを伝えてください。宅配便などで贈るのではなく、ご自宅が近い場合は、直接手渡しでもいいかもしれません。新築内祝いの品物につける「のし」ですが、「新築内祝い」と記入して水引きの下に贈り主の名前を記入します。水引きに種類があり、「蝶結び」のものを利用します。蝶結びは、ほどいてまた結び直すことができることから「何度あってもうれしいこと」として新築内祝いで使われているようです。蝶結びの色は、金または銀、紅白のような縁起の良い色をお選びになるとよいでしょう。なお、新築内祝いを贈る際に「お返し」という言葉はタブーとなっています。単に引っ越し祝いをもらったから返すという意味にとられるおそれがあります。新築内祝いにメッセージカードなどを付ける場合も、感謝の気持ちをこめて贈った方がよいでしょう。

金額の相場と望ましい品

風呂敷

一般的に新築内祝いは、頂いた品の3分の1から半額程度が相場と言われています。相場の品を贈ることが基本となりますが金額が明確でない場合は、特にこだわらず良識的な範囲で選ぶと良いです。また、品物を送る際は、お礼状を添える事で感謝の気持ちをあらわすことが出来ます。新築内祝いの定番の品として、実用的な日用品、あるいは食品が望ましいとされています。一般的に消耗品が好まれ、石鹸、洗剤等は気兼ねなく使ってもらい易いです。日用品でタオルや食器を選ぶ際は派手な柄の物は避け、誰にでも適応出来る品を心がけることが大切です。また、新築内祝いで食品を選ぶ際は、お菓子や飲料品が一般的となります。お菓子を選ぶ場合は、おすそ分けが可能なよう小分けになっている物が良いとされます。飲料品を選ぶ場合は、コーヒー等が現在の主流となっております。また、昔ながらの品としては、茶碗、漆器等の入れ物を贈るのも良いとされます。人の容れ物である建物の完成に由来して、器状の物を贈る習慣があり、それが元になったと言われています。送る際に気を付けたいマナーとして、新築内祝いは引っ越し後1ヶ月から2ヶ月を目安に行うと良いです。また、新築内祝いを送る際の水引は、紅白あるいは金銀7本の蝶結びを用います。水引には蝶結びと結び切りの2種類があり、一般的には蝶結びが用いられます。ただし、結婚や弔事等と重なった場合は結び切りを使用することが望ましいとされます。

基本は家でおもてなし

積み木

家を新築するというのはめでたいことなので、親戚や知人から祝い事としてプレゼントを贈られることがあります。ちょっとしたモノであることもあるし、高額なモノであることもありますし、現金であることもあります。それらのプレゼントに対し、感謝の気持ちを込めて渡すのが新築内祝いです。新築した家に招待をして、豪華な食事でもてなしたり、お菓子を渡すのも新築内祝いになります。ただ、プレゼントをもらった人の中には、当日は仕事などで家に来ることができない人もいますし、遠方で家まで来られない人もいます。そういった人たちには、新築内祝いとして別途お返しの品を用意し、相手の家に持参するなり宅配で送るなりします。新築内祝いは、贈られたプレゼントの3分の1程度の金額の品を選ぶのがいいとされています。品物としては、新築の家からイメージされるものである食器類などが選ばれやすいですが、相手が扱いやすい消耗品を選ぶ人も多いです。また、相手が好きなものを選べるギフトカタログを選ぶケースも増えてきています。新築内祝いとして品物を送るときにはメッセージカードを添えて感謝の言葉を書くと、気持ちも伝わります。ただ、このときに「お返しします」という文言を用いてしまうと、「プレゼントをもらったから返す」と義務感で新築内祝いを送っているという印象をもたれかねないので、注意が必要です。難しく考える必要もないですが、感謝の気持ちがきちんと伝わるようなメッセージを添えることが大切です。