Thanks and Gifts

喜ばれる新築内祝いギフトを選ぶポイントを徹底リサーチ!

贈る品物の相場を把握する

礼節を守ろう

女の人

日本には、いろいろな節目にお祝いを贈る習慣があります。新築祝いもそのうちのひとつですが、お祝いをもらった場合、どのようなお返しをすればよいのか、気をつけることをいくつか紹介したいと思います。まず新築内祝いのひとつとして、新居に招待することがあります。引っ越しから2か月以内にお祝いをいただいた人を招待し、軽食を用意しておもてなしをします。時間帯は夜よりも昼間にし、招待した人が帰るときはお土産を渡すのが良いでしょう。渡す品物は、キッチン用品などの実用品や、お菓子などの食品を中心に選ぶことが多いようです。もし新築祝いに高額のものをいただいたのであれば、いただいたものの金額の半額程度のものをお返しするのがマナーです。新居に招待するのが難しければ、新築内祝いとして品物を送りましょう。この場合はおおよそですが1か月以内に贈るのが良いとされています。新居に招待したときと同じで、いただいたものの金額の半額のものをお渡しするのが良いでしょう。何を贈ろうか迷ったときは、カタログギフトなどを贈るのもひとつの方法です。また、いただいたものが少額のものであったときでも、お返しはするようにしてください。お祝いをいただいたのに新築内祝いを贈らないのは失礼になるので、手ごろなものでかまいませんので渡すようにしてください。新築内祝いは、ラッピング後ののしにもマナーがあります。水引の上に「新築内祝」や「内祝」と書き、自分の名前も書くようにしてください。

商品券はマナー違反にも

一軒家

日本では何かとお祝いのために贈り物をする習慣があります。しかし、いざ実際に贈り物を選ぶ際には何を選んだら良いのか迷ってしまうということも少なくありません。場合によっては相手に失礼になってしまったりすることもあるため、どうしたら良いのか困ってしまうという場合もあるでしょう。新築内祝いもそんな贈り物をする習慣の一つです。新しい家で新しく生活するにあたって新築祝いを頂くというのは珍しいことではありません。その際には新築祝いを頂いたお礼にみんなを招いて自宅でパーティーなどを開くこともあります。しかし、必ずしも新築祝いを頂いた方全員を招くことが出来るというわけではありません。都合が悪かったり遠方に住んでいるために参加することが出来ないというケースもあります。そういった人への新築祝いのお返しとして行うのが新築内祝いです。一般的には新築祝いを頂いてから一ヶ月以内に新築内祝いを贈るのがマナーとされています。新築内祝いとしてつい選びがちになってしまうのが商品券です。使い方もその人によって自由なので誰にでも喜ばれるとして選びがちですが、親戚や上司の人の新築内祝いとして商品券を贈るのはマナー違反となってしまうので注意が必要です。選ぶのが簡単で失敗しない新築内祝いとしてはカタログギフトがあります。最近では新築内祝い専用のカタログギフトも存在していますので、そういったものを選べば新築内祝いで悩まされることもなく安心です。

贈る側に合った物を

贈り物

新築祝いをもらった場合、一般的なお返しとして新築内祝いを考えなければいけません。新築内祝いには何を選べばいいのか悩む人も多いですが、流行の人気商品というものがあります。これを知れば、新築内祝いの選び方に悩まず、常識的なものを選ぶことができます。まず、内祝いの筆頭として定番となっているのがカタログギフトです。カタログギフトは、豊富な商品が掲載されている中から好きなものを選んでいけるギフトです。内祝いを贈る側として本当にほしい物を贈りたいという場合は、このようなカタログギフトがおすすめです。カタログギフトは、もらう側からしても人気のある内祝いとなっています。このことから、新築内祝いでの一番人気の商品は、カタログギフトだということを知っておきましょう。次に、これもよくある定番ですがコーヒーやジュースなどの飲料が挙げられます。贈る側にコーヒーが好きという情報があればそれを選ぶのもいいですし、子供がいる家庭であればジュースを選ぶのも喜ばれます。ジュースは、産地や果汁100%にこだわったものを選んであげると、クオリティーの高い新築内祝いとなります。そして、調味料も新築内祝いとしてふさわしい贈り物です。調味料にはいろいろな味が楽しめるドレッシングが人気があり、素材や味にこだわりのある調味料が人気です。他にも、タオル類やスイーツなども家庭を持つ人たちにはちょうどいい新築内祝いになります。贈る側の世帯状況や好みなどに応じて、新築内祝いを選んでいくといいでしょう。